シンガポールスローライフ

日本語しか話せない、海外生活初心者の感じることを書いていきます。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

MRTの旅 #0 MRTの乗り方

先日、頂いたコメントの中に、

「MRTの乗り方を写真で見れると助かります」

というご意見を頂き、なるほどそうだな!と思ったので、
今日はMRTの乗り方について書いてみようと思います。
ご存知の方にとってはどうでもよい内容ですが、ご了承下さい。(笑)

本来なら“MRTの旅シリーズ”の最初に書くべき内容なので、
タイトルは遡ってNo.0にしました。
少々長くなりますが、最後まで見ていただけると幸いです。


まずMRTの駅ですが、郊外は高架になっている為比較的分かり易いですが、
都市部は地下鉄になっている為、初めてだと少々見つけにくいかもしれません。
都市部の駅の入口はこのような感じです。
(※画像はすべてクリックで拡大します。)
MRT #0-1
慣れてくると、MRTのマークを見つけて駅だとわかるようになってきます。

駅には必ず周辺マップが設置してあるので、
初めて行く場所でも駅周辺の場所はだいたい知ることが出来ます。
MRT #0-2
改札付近に設置してある詳細マップは、
目的地に行くにはどの出口から出ればよいかなどがわかり、非常に便利です。

現在シンガポール国内を走っているのは、下図の4路線。
MRT #0-0
North South Line南北線
East West Line東西線
North East Line東北線
Circle Line環状線


というように、路線別に色分けがされており、非常に分かりやすいです。
(※Circle Line環状線の点線部分は現在工事中で、まだ開通していない部分です。)

ちなみに、我が家の最寄り駅Dhoby Ghaut(ドービーゴート)は、
3つの路線が乗り入れる大きな駅になります。
MRT #0-3

駅に入っていくと、このような電光掲示板があり、
次の電車があと何分で来るのか確認出来ます。
(日本と違い時刻表はないので、何分後表示が常に出ます。)
MRT #0-4
時刻表が無いと言っても、
多い時は2、3分に1本、少ない時でも6分程待てば電車が来ます。
イメージとしては山手線のような感じでしょうか。

チケット売場はこんな感じ。
機械を操作するだけで簡単に購入出来ます。
MRT #0-5

では、実際に購入してみましょう。
まずは左下にあるパネルの操作です。
MRT #0-6

メニューが表示されていますので、その中から「Buy Standard Ticket」を探し、
文字の横の黄色いボタンを押します。
MRT #0-7

次に、パネルの右側にある路線図の中から行き先の駅を探し、
その駅のボタンを押します。
MRT #0-8

すると、現在いる駅から行き先の駅までの料金が表示されます。
今回の場合は、S$2.40になります。
MRT #0-9
この金額を券売機に投入すればよいのですが、
赤丸で囲った所に注意書きがあるように、5ドル以下の紙幣または硬貨のみ使用可です。

お金は右上の投入口から入れます。
MRT #0-10

お金を入れると、下からチケットとお釣りが出てきます。
MRT #0-11

これがチケットです。
このチケットを改札でかざして使用します。
MRT #0-12

改札にはマークが出ており、緑色の矢印マークの所だけ入場可能です。
MRT #0-13
上の方に赤い線が見えるかと思いますが、あれは身長を測る為の線です。

シンガポールのMRTでは、幼児の年齢によって課金するのではなく、
身長が90cmを超えると課金対象になります。
とっても分かりやすいですね!
MRT #0-14

改札手前にある、チケットと手のイラストが描いてある部分にチケットをかざすと、
「ピッ」という音が鳴りゲートが開きます。
MRT #0-15

日本の鉄道の改札と同じような要領です。
MRT #0-16

ちなみにEZ-LINK Card(イージーリンクカード)という
日本で言うSuica(スイカ)Pasmo(パスモ)のようなカードも存在します。
MRT #0-17
コレ1枚でMRTやバス、LRTやモノレールなど何にでも使えます。
このカードで支払いが出来るタクシーなんかもあります。

使い方は先ほどと同様。「ピッ」とかざせばOKです。
その際にカードの残高が表示されるので、残りいくらか確認出来ます。
MRT #0-18

EZ-LINKカードの購入は、窓口のみでの販売になります。
MRT #0-19
1枚12ドル(約780円)で、7ドル分利用可、残り5ドルはカード維持管理費です。
あとは残高が少なくなったらチャージして利用できます。
(もっと詳しい説明はコチラのリンクを参考にして下さい)

さぁ、無事改札を通過し電車が来たら乗り込みましょう!
なかなかキレイで快適ですよ~
MRT #0-20
一つ気を付けておきたいのは、MRTの車内はもちろん、
駅のホームや改札内は飲食禁止ですので、ご注意下さい。

各路線への乗り換えも、改札を出ることなく乗継ぎ出来ます。
このホームは2つの線が乗り入れていますね。
MRT #0-21

南北線東西線は郊外の方では地上に出るため、外の景色も楽しめます。
MRT #0-22

電車内にはちゃんと路線図があり、進行方向にある駅が点灯し、
過ぎた駅は消灯するようになっています。
MRT #0-23
(点灯路線図が無い電車の場合は、次の到着駅が車内の電光掲示板に表示されます。)

さあ、目的地に到着です!!
MRT #0-24

改札を出る時も入る時と同様、チケットをかざすだけ。
MRT #0-25

チケットをかざし、ゲートが開いたら外に出ます。
チケットはまだ自分の手元に残ったままになります。
MRT #0-26

EZ-LINKカードも同様。
この時、入場時と同じように乗った後の残高が表示されます。
MRT #0-27

さて、手元に残ったチケットですが、実は購入する際に
乗車運賃とは別にデポジット(保証金)として1ドル課金されています。
このチケットを券売機に返却すれば1ドルが返金されるシステムです。

つまり、今回の場合1.40ドルが運賃、1ドルがデポジットという内訳です。

それではチケットを返却してデポジットを返してもらいましょう。
返却は購入時と同じ自動券売機で出来ます。
MRT #0-28

左下のパネルメニューの中から、「Return Deposit」の横の黄色いボタンを押します。
MRT #0-29

「Please insert card」の表示が出たら、
MRT #0-30

上部中央にあるカード差込口にチケットを挿入します。
MRT #0-31

機械がカードを読み込んだ後、
MRT #0-32

下からデポジット分の1ドルが出てきます。
MRT #0-33

私はこの時、目的地の一つ前の駅で下車しましたが、
チケットを返却するとちゃんと差額分10セントが戻ってきました!
MRT #0-34

ついでに、EZ-LINKカードのチャージの仕方も書いておきます。
自動券売機のパネルメニューから、「Add Value」を選びボタンを押します。
MRT #0-35

「Please place card on reader」という表示が出たら、
MRT #0-36

上部中央の突き出した部分にEZ-LINKカードを置きます。
MRT #0-37

カードが読み込まれると、画面右上に現在の残高が表示され、
支払方法を選択する画面になるので、「Cash」を選びボタンを押します。
(NETSという電子マネーでも支払い可ですが、ここでは省略します。)
MRT #0-38

チャージする金額は、10ドル以上になりますので10ドル以下は出来ません。
また、使用できるのは2、5、10、50ドル紙幣のみとなり、おつりは出ません
MRT #0-39

試しに10ドルチャージしてみましょう。
10ドル札を右上の投入口に入れます。
MRT #0-40

画面に投入した金額が表示されます。追加する場合は続けて投入、
この金額でよい場合はOKボタンを押します。
MRT #0-41

機械がチャージの処理をする間、しばし待ちます。
MRT #0-42

「Please remove card」と表示され、EZ-LINKカードを置いた部分が緑色に点灯したら
台からEZ-LINKカードを取ってOKです。
MRT #0-43

カードを取ると、点灯が消え、画面も元に戻ります。
MRT #0-44

もしレシートが欲しい場合は、カードを台から取る前に
「Receipt」ボタンを押しておきます。
MRT #0-45

このようなレシートが発行され、いくらチャージしたのか一目瞭然ですね。
MRT #0-46


長くなりましたが、MRTの乗り方はザッとこんな感じです。
シンガポールにお住まいでなく旅行に来られた方でも、
MRTやバスをメインで利用する予定であれば、EZ-LINKカードをオススメします。
チケット購入の手間やデポジット返金の手間も省けますし、
チケットを購入するより運賃が少~し安くなります。
また、使い切れずに残った残高は、窓口に行けば返金してもらえます。

うまく説明できたかわかりませんが、
これからシンガポールに来られる方のお役に立てれば幸いです。


ポチっと応援よろしくお願いします♪(*´∇`*)
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

| MRT | 10:35 | comments:19 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MRTの旅 #3 Woodlands(ウッドランズ)

今日は恒例、旦那さんがシンガポールに帰ってくる日なので、
夕飯の買物にでも行こうかと思っていたら、
突然の豪雨ですよ・・・
あー、早く止まないかなぁ。ご飯作れなくなっちゃう。


さて!超ーーー久しぶりに復活!
MRTの旅~~
最後に書いたのはなんと、去年の5月!うわぁ。。。
というか、たった2回だけアップしたのみでした、すみません。
思い出したので、またボチボチと記事にしようと思います。

前回の続きです。サイエンスセンターを後にして、
せっかく郊外まで足を運んだんだから、もうちょっと遠くまで!と、
最寄のMRTステーション、JURONG EAST(ジュロンイースト)まで歩きます。
Woodlands-1

サイエンスセンターからおよそ10分ほどで到着。
JURONG EAST(ジュロンイースト)は、東西線南北線が乗り入れる、わりと大きな駅です。
Woodlands-2
私たちはWoodlands(ウッドランズ)に向かうため、南北線に乗車。
JURONG EAST(ジュロンイースト)は、南北線の終着駅のため、ここより折り返し。

最初、人が少なくてラッキーと思っていたら、
出発する頃には満席になっちゃいました。
Woodlands-3

世界の車窓、IN シンガポール。
窓が汚かったせいで、なんだか幻想的な風景に見えますが、気のせいです。
Woodlands-4
そうそう、大事なことを書き忘れていましたが、
シンガポールのMRT、都市部は地下鉄になっておりますが、
郊外の方へ行くと、高架になり、外の景色も堪能できます。

福岡市の地下鉄が、姪浜より先はJR筑肥線となり、地上へ出る感じです。
って、あれ?あれって繋がってないんでしたっけ??
ローカルすぎる例えですみません。他に思いつきませんでした。

10~15分くらい乗ったかな?
JURONG EAST(ジュロンイースト)より7番目の駅、
Woodlands(ウッドランズ)に到着~!(゚∀゚)ノ
Woodlands-5

駅ホームよりの眺め。
広大な空き地と、整然と植えられた無数の椰子の木。
Woodlands-6
シンガポールって、ガーデンシティと言われるほどとっても緑豊かで素敵ですが、
どこに行っても作られた自然で、人工的な印象を受けます。

ホームはこんな感じで2Fにあります。
駅の造りは、どこの駅も同じような感じ。
Woodlands-7

1Fに切符販売機やコンビニ、ATM、ちょっとした飲食店など。
結構人が多いですね!
Woodlands-8

よく駅付近にアンケートなのか、キャッチセールスなのかわかりませんが、
こういうお兄さん達がたくさんいます。
Woodlands-9
このスレンダーなカワイイ女の子、可哀相に、15分以上捕まって話し込んでいる様子。
私も一度アンケートを受けたことがありますが、言葉の壁により、
お兄さん側がギブアップ!いいのか、悪いのか。。。(-_-;)

駅のすぐ横にあるショッピングモール、コーズウェイポイント…かな??
見るからに期待出来なさそうだけど(失礼!)、一応行ってみることに。
Woodlands-10

中は、、、うっわぁ~~暗い。。。(((゚Д゚;)))
上からぶら下がってるの、きっと旧正月の飾りだと思います。
Woodlands-11

一瞬、びっくりしましたが、よーく見てみると意外にいろいろある!
地下1Fはこんなに明るいし!(笑)
Woodlands-12

明治屋内にもある、私の行きつけパン屋さん
「Four Leaves」もありましたよ~!( ´艸`)
Woodlands-13

コールドストレージ(スーパー)もちゃんとあるし、
Woodlands-14

上の方の階には、CRYSTAL JADE(クリスタルジェイド)も!
この写真の右隣にちゃんとレストランがありましたよ~。
Woodlands-15
クリスタルジェイド、美味しいと評判みたいなので一度行ってみたいなぁ。
結構あちこちに店舗がありますよね。(゚∀゚)

コーズウェイポイント、全体的に飲食店が多かった気がします。
ローカルの美容室なんかもチラホラあったかな~。
目新しさは無かったですが、地域に根ざしたショッピングモールですね!

ショッピングモール以外のお楽しみスポットが近所に見当たらなかったので、
タクシーを捕まえ、ある場所に向かいます。
Woodlands-16

車もそんなに多くなく、なかなか快適ドライビング~(´∀` )
Woodlands-17

5分少々走ると、目的地が見えてきました!!( ´艸`)
Woodlands-18

そう、遠くに見えている景色は、マレーシア!!
ウッドランズは国境の町で、マレーシアとの距離わずか1Km。
あの街並みはマレーシアなのね、、とちょっと感動。
Woodlands-19
両国間に橋が設けられ、車で簡単に行き来することができます。
もちろん、出入国審査は当然ありますけど。

わたし、まだ行ったこと無いんですよね~!
陸路での出入国、なんだか楽しそう!( *´艸`)
車をお持ちの方はマイカーで簡単に行けそうですが、
我が家は行くとなると、バスかタクシーか、マレー鉄道かなぁ。
そのうち必ず行ってみるぞーー!!(゚∀゚)ノ

この車の渋滞は、出入国手続き待ちの車たちのようです。
チェックポイント付近は通過するのに結構時間がかかりそうですなぁ。
Woodlands-20
橋の横を通っているのは、恐らく水のパイプライン。
シンガポールは隣国マレーシアから水を輸入しているので、
このパイプラインはまさに私の生命線!!

タクシーのおじさんがすごくいい人で、
ちょいちょい止まってたくさん写真を撮らせてくれました!
ありがとうね、おじさん!(´∀`人)

気のいいおじさんのタクシーで、そのままオーチャードまで戻ります。
Woodlands-21

313@SOMERSETのホールを見上げ、
なんとなくホッとするのは地元意識が芽生えたのか??
Woodlands-22

ちょっと薄い内容になってしまいましたが、
もっとじっくり探索すればいろんなオモシロスポットがあるのかも。
でも、国境の町というだけで十分興味深いですけどね!
次はどこの駅に行こうかな~~?楽しみ!( ´艸`)


ポチっと応援よろしくお願いします♪(*´∇`*)
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

| MRT | 19:36 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MRTの旅 #2 Promenade(プロムナーデ)

第2回MRTの旅です。
今回は、4月17日に新しく開通したCircle Lineに初めて乗ってみました。
Promenade-1

わがホーム駅、Dhoby Ghaut(ドービーゴート)から3駅目の
Promenade(プロムナーデ)が今日の目的地です。
Promenade-2

新しく開通した線なので、電車も新しいです
手すりも椅子もピッカピカ
Promenade-3

私たちは最後尾の車両に乗ったのですが、
後ろの窓から走る様子が見えますよ~!!ヽ(´∀` )ヘ≡3
Promenade-4
えー、油断しているとこんなことになります。
旦那さんはきちんと足を閉じているのに、なぜ??

およそ5分ほどでプロムナーデに到着
外から見ると、本当に小さな小さな目立たない駅です。
Promenade-5
シンガポールフライヤーにも歩いて行ける場所にあるので、
MRTで行く場合、この駅を利用すると便利でしょうね。

駅の真上には、MilleniaWalk(ミレニアウォーク)と、
3月末にオープンしたばかりのPARCO(パルコ)があります。
といっても、つながっているのでひとつのショッピングモールぽいです。
Promenade-6

まわりをぐるりと歩くとこんな雰囲気です。
この辺、なぜか高級車ばかり駐車してありますな。
Promenade-7

真っ赤なフェラーリに、後ろはグレーのランボルギーニ。
Promenade-8

反対側を見れば、今度は黄色のフェラーリに
2台後ろは緑のランボルギーニ!ww
めちゃんこ早そ~~~(゚∀゚)
Promenade-9
この直後、緑のランボルギーニのオーナーが颯爽と現れて、
ものすごい爆音と共に猛スピードで走り去って行きました・・・(゚д゚;)ヒョエー

日本ではパルコ行ったことあるけど、シンガポールでは初訪問です!
MRTから直接行けるようになっています。
Promenade-10

中は出来たばかりなので、やはりキレイですね~
真っ白い内装が輝いておりました。
Promenade-11

2Fは衣料品フロア。
お店の規模はわりと小さく、3Fまでしかありません。
Promenade-12

一方、こちらはミレニアウォーク側。
床が格子模様になっているので、一応違いがわかります。
Promenade-13

こっちは2Fまでだったかなぁ?
インテリア用品のお店がいくつかあって、結構いい感じでした。
一部すさまじい値段のお店もありましたが。
Promenade-14

ミレニアウォーク側の2Fより上は吹き抜けになっています。
ブロックごとに色が違うみたいですね。贅沢な作りです。
Promenade-15

ぐるりといろんなお店を見ていたら、電器屋さんを発見!
103インチのテレビに釘付けです。
こんな大きいと、立ったまま見ないと首が疲れそう?
Promenade-16

だいたい店内を見回ったところでお腹が空いたので、
こちらのお店でお昼ご飯にしました~!!
Promenade-17
なんつッ亭、パルコの3Fにあります。
東京ではすごく有名なラーメン屋さんなんだとか!?
九州人の私はもちろん食べたことないんですが、
美味しいと評判のお店なので、一度食べてみたかったんです~(´∀`人)

パルコの中、結構人が少なかったんですが、
なんつッ亭はお客さんでいーっぱいでした!!
私たちは2人だったので、カウンターにすぐ入れましたよ~。
Promenade-18

いらっしゃいませー!!と元気に迎え入れられ、早速メニューが。
Promenade-19
あれ?
この表紙の人・・・カウンターの真ん中にいる人と似てる。。。
そして入口にいる人とカウンターの人、そっくりww
兄弟なのかどうか?という疑問は解決せず。

ぜーんぶ日本語で書いてあるし、
オーダーも日本語で伝わるので超らくちんです。おほほ♪
Promenade-20

私はねぎラーメンをオーダー!
トッピングで味付玉子を追加です。(*´艸`)
ねぎたっぷりでおいしそ~~
Promenade-21

旦那さんはねぎチャーシューに玉子のトッピング、
半豚まんま(チャーシュー丼みたいなもの)をオーダー。
Promenade-22

ここのラーメンはマー油が特徴のラーメンらしいです。
見た目にもマー油がたっぷり。
Promenade-24

麺は結構太目のストレート麺ですね!
博多ラーメンばかり食べてきた私にとってはかなり太いです。
Promenade-23
お味の方は、
見た目ほどこってりしてなくて食べやすいです。
ねぎもシャキシャキしてて、うん、おいしい~ヾ(*´∀`*)ノ
ひさしぶりに日本のラーメンが食べれた!って感じです。
ここの味、私好きです(o´∀`o)
でも、ねぎトッピングしなくてよかったかもな~
量が多すぎて、後半結構きつかったです

お値段は、ねぎラーメンS$15(約1,000円)、
ねぎチャーシューメンS$17(約1,140円)、味付玉子S$1(約70円)、
半豚まんまS$4(約270円)でした。
税込みでS$44.75(約3,000円)。お昼代にしてはちょっと高いかな~。
でも、東京だとラーメン1杯1,000円とか普通なんですかね。
博多は500、600円のラーメンが主流なので、少し高く感じたけど。
ま、美味しかったのでまた来ようと思います!


今日もたくさん見かけていつも思うのですが、
なぜこの国の女性はみんなどんな服を着ていてもビーサンなんでしょう??
さらに言うと、ビーサン+ガニ股の割合がものすごく高いです。
スーツ着てるのに、ガニ股ビーサンで颯爽と歩くお姉さんもいました。
Promenade-25
まだまだ不思議なことだらけですが、
そのうち自分もガニ股ビーサンになってないか、心配です。

MRTの旅、なかなか更新できませんが、
ぼちぼち回って行こうと思いまーす!!(*´∀`)ノ

この後、噂のスポット『マリーナベイサンズ』に
初上陸~~!はまた次回。。。


ランキングに参加中です!
よろしければ応援お願いします(*´∀`*)ノ♪
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村












| MRT | 01:30 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MRTの旅 #1 Novena(ノビナ)

車がないわが家のお出かけはもっぱらMRTです。
たまにタクシーにも乗りますが、
タクシーを捕まえる時間がもったいない!!
と、つい駅まで歩いて行っちゃいますww
待つのがキライな夫婦です。

自宅からの最寄り駅は、Dhoby Ghaut(ドービーゴート)
歩いて約10分ほどの距離にあります。
この駅はNorth-East LineNorth-South LineCircle Line
3つの線が乗り入れる、非常に便利なジャンクション駅です。

週末の昨日は、恒例のお出かけの日だった訳ですが、
旦那さんの風邪も完治しておらず、近場に出掛けることに。
シンガポールではチキンライスが有名らしいということで、
先日ある方から教えてもらったお店に行ってみることにしました。
Dhoby Ghaut(ドービーゴート)からNorth-South Lineで4駅先の
Novena(ノビナ)という駅の近くにあるそうです。
MRT Novena

Novena(ノビナ)駅の外に出るとこんな感じ。
駅に√elocity(エロシティ?)というショッピングモールが併設されており、
買い物や食事なんかもできます。
Novena

よくある感じのショッピングモールでしたが、
店舗の特徴として、NIKEやNEW balance、PUMAなどの
スポーツ用品店やアウトドア用品店が多かったように思います。
√elocity

さて、目的のチキンライスのお店は、
Novena駅を背にして右手方向に進んで行けばあるようです。
目の前の大きな通りを渡らなければならないので、
駅を出てすぐの地下通路を通るか、少し歩いた先の
歩道橋を渡らないといけません。
Novena station

駅から5分ほど歩いて、目的のチキンライスのお店、
Wee Nam Kee(ウィーナムキー)さんに到着!
Wee Nam Kee gaikan

お店の看板にもChicken Riceと書いてある通り、
チキンライスが看板メニューのようですね。
Wee Nam Kee

お店の雰囲気は本当に地域に根ざしたローカルのお店って感じです。
ハエもブンブン飛び回ってたし
でも、人気店ですね~!!少し時間をずらして15時半くらいに
伺いましたが、お客さんがたくさん入ってました。
Wee Nam Kee funiki

奥の涼しそうな席に座ろうと、ずんずん進んで行ったら、
お店のおばちゃんに『ダメだよ~!!』と注意されたので、
仕方なく外の暑い席に座ることに。
奥の涼しいところは従業員用なんだろうか??

着席すると、おばちゃんがすぐにオーダーを取りに来てくれたけど、
メニューは??!Σ(´Д`*)
何があるかもわからず、とりあえずチキンライスをオーダー。
一緒にスープもどう?って勧めるので、じゃあそれも。
あ、お店のおばちゃんの英語(だと思う)は全然聞き取れませんが、
適当に話を合わせればなんとかなりました。
しばらくして、スープが運ばれてきましたよー。
Wee Nam Kee soup
見た目は普通。食べると・・・
うん、おいしい~~!!(´∀`人)今まで食べた中で一番好きです。
あっさりしてて、エビもぷりっとしてて

そうこうしてたら、チキンライスもきましたよー!
シンガポールのチキンライスは日本のとは全然違うんですよね。
ケチャップ味のあのチキンライスじゃないんです(・∀・)
Wee Nam Kee menu

チキンはスチームか“ほにゃらら”か選べます。
ほにゃららは聞き取れなかったけど、たぶんロースト??!
私たちは一般的そうなスチームでお願いしました!
Wee Nam Kee chicken
チキン、めちゃくちゃやわらかいんですよ~
タレも甘くて、チキンにすごく合います。

ライスの方もチキンのダシで炊いてあり、いい感じにほんのり
味が付いております。ライスだけで食べてもおいしい~
Wee Nam Kee rice

薬味もばっちり置いてあります。
ショウガや、なんか辛いのや、なんかギトギト油っこいのやら。
前の席の人がショウガを大量によそっていたので、私も。
Wee Nam Kee spice
うん、ショウガとチキン合いますね~!!!
辛いのはあんまり得意じゃないけど、ショウガかなり気に入りました。

お会計は、チキンライス2人前とスープ、ウーロン茶2本で
S$15弱(約1,000円)。コストパフォーマンスかなりよしです。
今まで食べたこういうローカルのお店の中で、
このお店は一番好みの味でした(*´▽`*)♪
また時間を見つけて来たいな、と思います。


シンガポール在住中に訪れたMRT各駅の情報を残すべく、
ひとつずつブログに書いていくことにしました。
いつの日か、完全制覇する日を夢見て
コツコツ回って行こうと思います。



ランキング参加中です!
よろしければ応援お願いします(*´▽`*)♪
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ
にほんブログ村

| MRT | 20:59 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。